前へ
次へ

全ての子どもたちに教育を受けさせるために

2019年10月から幼保教育の無償化がスタートします。
これまでも、私立高校の教育費の一部無償や、地域の自治体によって入学祝い手当て、子どもの医療費手当てなどがありました。
若年層の貧困、さらに子どもの貧困を救うために様々な改善がされてきていますが、まだまだ貧富の差は完全にはなくなりません。
全ての子どもたちに平等に教育を受けさせるためにこれからも教育に力を注いでほしいものです。
近年は、子ども食堂の認知度も高まっています。
子どもにしっかり栄養のあるごはんを食べてもらうために無料でごはんを提供している食堂です。
様々な無料のサービスがあっても、子どもたちにその存在を知ってもらい受けてもらうことが大切です。
貧困を理由に諦めないで受けたい教育を受けられる日本にしていくことが重要です。
近年は、大学の奨学金制度も見直され、義務教育を越えた教育のあり方も改善されています。
専門性が高い大学の誕生も増えています。

Page Top