前へ
次へ

周りから教育熱心と言われています

子どもの受験や学業に親が積極的に関わるのは当たり前だと思っています。
私はよく周囲から教育に熱心と言われ、教育ママと言われていますが、そのことを誇らしいとすら考えています。
私からしてみれば周りの人はあまりにも我が子の勉学に興味がなさすぎるのではないかと言いたいくらいです。
よく「言っても宿題をやらない」「成績が伸びない」といった相談を受けますが、それはある意味当然とも言えるでしょう。
教育というのは短期間で実を結ぶものではありません、長期に渡って取り組むことで初めて形になるものです。
我が家では勉強しなさいとは言いませんが、子どもたちは自発的に勉強をしています。
それは幼少期から私が根気強く子どもの傍にいて、大人なら空きてしまうような遊びでも長く見守っていたからです。
集中力というのは幼少期に培うものですし、最初は親がそれをサポートする必要があるでしょう。
また、子どもだけでなく私も含め親も一緒に勉強する時間を持つようにしています。
趣味の本や仕事に関わる本を読むだけでも良いのですが、親自身のスキルアップにもなりますし、子どももより集中しやすくなります。
教育熱心なのではなく、子どもにとって一番良い教育環境とは何かを考えるのが私のモットーなのです。

Page Top