前へ
次へ

私立小学校への進学はどれぐらいの負担になるか

私立小学校に通う場合、年間15万円ほどかかるので、6年間のトータルは、900万円を超えていきます。
年間の内訳は、学費が89万円、給食費は5万円、学校外活動費が60万円ですから、学費はもちろんのこと、学校外活動費の負担も突出しています。
子どもにかけられる教育費に余裕がある収入の多い家庭でないと、選択肢として難しいことがはっきりとしており、授業料以外の納付金も多いです。
寄付金や学校の施設設備費や後援会など、金額の大きさは目を引きます。
また、公立小学校と違って、自宅からの通学には距離があって、時間もかかる立地であるケースも多く、通学関係費もかかります。
入学後から5月の大型連休までは、親の送り迎えが必須という私立小学校もあるくらいなので、通学にかかる費用負担ということも念頭に、教育費を見積もっておくことが必要です。
公立小学校へ行く人の割合が多い中で、小学校から私立にいかせる必要性はあるかどうか、家庭内で話し合ってみましょう。

Page Top