前へ
次へ

教育の時間を持て余すのは避けよう

学校教育と一口に言っても、生徒の考えと教育者との考えが必ずしも一致するとは限りません。
現状は、ゆとり教育で休日が多く、学業の時間は足りず、塾通いです。
今のレベルで満足していても、高校を目指すのであれば、受験対策は必要です。
他校から生徒が一堂に集うため、新学習をスタートさせる際、周りが飛び抜けてデキることに驚いた、こうしたリアルな意見も耳にします。
自分の学校のレベルが中の下、県内で最下位かもしれません。
活動時間の割合は足りていないより、足りているほうが何かにつけてよい効果が得られます。
進路も、理数系に進むのか工業系なのか、メディアなどでは頭が悪いのなら体を使う道を進め、などの声をあげています。
体力・技術が向上できる良さもあるでしょうし、大会で良い成績を収めれば、推薦や特別枠など、優遇される制度もあります。
また、サッカーや野球、テニスやゴルフなどの競技関連ならば、語学力も養える海外への留学が成績を伸ばす秘訣です。

Page Top