前へ
次へ

部活動と学業との両立はできるのか

学校教育は今やゆとり、自由化されています。
進学塾、学習塾などに通う子供たちも少なくありませんが、ジュニア期におけるスポーツ活動の時間は足りているのか、不足しているのか、今、問題化されています。
スポーツ障害の予防の意味では短時間が理想、最高のパフォーマンスの発揮には適切な休養があれば、長時間の活動が理想です。
また、発育や発達に応じた成長の確保には、ムリのない範囲とも言われています。
体を動かすことにより、脳にもよい働きをすることは周知されていますが、やる気や意欲の向上に繋がるようです。
学習塾や進学塾などでは、部活動の後では、体にかかる負荷が大きくなり、眠気から授業に集中できないパターンに陥りやすく、個人指導塾が人気取りしているともいいます。
眠たい、家で勉強がしたい、こうした声もあり、家庭教師を雇うケースさえありますが、家庭教師となるのは現役の大学生というパターンも少なくありません。
学業との両立をアドバイスしてくれる、よい見本の1人です。

Page Top